感染防止を踏まえた「新しい日常における保育」対応ガイドラインについて(令和 2 年 9 月30日 )東京都世田谷区

東京都世田谷区では、『「新しい日常における保育」対応ガイドライン』を公開し、区内の保育施設の感染防止と保育の質の維持・向上に取り組んでいます。

「第2章 通常保育について(保育対応レベル0~1想定)」の「2.具体的な保育場面や保育運営上での感染予防策について(9ページ)」からは「感染予防」と「子どものための、子どもを中心とした保育」の両立を図るという視点を明らかにしたうえで、各保育施設でのご検討事項と施設状況や職員体制などに応じた具体案が提示されています。

各施設における対策を作成するうえで、世田谷区のみならず、全国の保育施設で参考になるガイドラインだと思います。

以下のリンクから世田谷区のWebサイトにお進みの上、ダウンロードしてください。

【リンク】

https://www.city.setagaya.lg.jp/mokuji/kusei/001/001/004/d00185515.html

新型コロナウイスル対策 企業・組織における初動対応ガイドライン

経営者・危機管理担当者・感染対策担当者・事業継続担当者・広報担当者のための資料です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事